松戸市北小金、本土寺近く。純国産材料を使用し、自家製糀に漬け込んだ手作りからあげ専門店。

松戸市北小金、本土寺近く/純国産材料、自家製糀を使った唐揚げ専門店

047-727-1598

こんにちは。
「しあわせのからあげキッチン」
店長の清水浩二です。

毎日食事の準備をするお母さん、
一生懸命仕事をしているお父さん、
勉強に遊びに頑張っている学生さん、
育ち盛りのお子さまなど、
召し上がっていただく皆さまが
「幸せ」を感じる安心、安全な
美味しい「からあげ」をお届けしたい、

そんな思いを形にしたのが
「しあわせのからあげキッチン」です。

僕が「からあげ」に出会ったのは1995年。
千葉県柏市内の小さいお弁当屋さんで働き始め
それ以来「からあげ」を揚げ続けてきました。

その当時から鶏肉を丁寧にカットし、
下味をつけて全て手作りで作っていました。

しかし、その当時の僕は
手作りの「からあげ」で
お客様を幸せにするイメージが浮かばず、
ただ毎日淡々と「からあげ」を
作り続ける日々を過ごしていました。
そんな僕に転機が訪れたのは、2012年。

当時Jリーグチームの柏レイソルで
大活躍していた選手が来店し僕の「からあげ」を食べ、
写真と一緒にSNSにこうつぶやいてくれたんです。

「ここの唐揚げ、最強!」

その一言が「からあげ」に対する
僕の思いを変えました。

「からあげ」には人を元気にする力がある。

そう確信した僕は、店舗の営業終了後に
より美味しい「からあげ」を作るべく
レシピの改良を始め「からあげ」の味を追求していきました。

「からあげ」は揚げ物。
お腹にもたれず、食べ飽きず、そして少しでも健康的にできないか。

鶏肉の産地や、カット、下処理の方法、
下味の元になる調味料の選定、配合などを
深夜に何度も試しながら独自のレシピを作り上げていきました。
その頃丁度、柏市内で「日替わり店長」を
募集しているコミュニティカフェの存在を知ります。

働いているお弁当屋が休みの日に
その「日替わり店長枠」を利用し、
自分のオリジナル「からあげ」を提供する
イベント「カラアゲナイト」を開催し始めました。
お店を運営しながら、「カラアゲナイト」の開催
はとても大変でしたが、
回を重ねるごとに多くの方にお越しいただき、
最終的には用意した鶏肉24kg(約600個分)が
わずか4時間で売り切れるまでに。

「美味しかったよ!またカラアゲナイトやってね」
と多くの笑顔と感謝をいただきました。

こうして「からあげ」を通じ
笑顔と幸せを届けられると実感していったのです。
「いつか自分の店を持ち、多くの人を
“からあげ”で幸せにしたい」

その後僕は働いていたお弁当屋を退き、
新規店舗の立ち上げや
店頭POPの書き方、集客方法など
店舗運営の勉強と、
健康に欠かせない発酵食品について
本格的に学び「からあげ」に生かすことにしました。

そして2020年4月。
勉強をしていた時に
知り合った仲間の1人から、

「“からあげ”で家庭の食卓を幸せにしてほしい。」

と相談を受けます。

その時はちょうど新型コロナウイルスが
猛威を振るっている最中。
新しい飲食店の開店に
リスクがあることも十分承知していました。

しかし、僕の心に迷いはありませんでした。

今こそ「からあげ」で多くの人に幸せを届けたい、
手作りの「からあげ」で笑顔を増やしたい、
僕が長年思い描いていた夢を
今カタチする時だ。

こうして2020年7月、
松戸市の北小金に
「しあわせのからあげキッチン」を
開店する運びとなったのです。
「からあげ」で
幸せな食卓を演出する。

これが僕のミッションです。

これからも味の追求を忘れず、
食卓を笑顔にする
「しあわせのからあげ」を
お届けしていきます。

当店では一つひとつ吟味した国産の材料を中心に使用。1日にご用意できる量を時間をかけて丁寧に仕込み、健康に嬉しく安心してお召し上がりいただける食事をお届けしています。

お客様に笑顔になっていただくために、スタッフ自身がまずは笑顔で元気よく。 深夜営業などはせず、いつも明るく接客できるような環境を整えています。

大量の作り置きはせず、ご注文いただいてから必要な分だけをご用意。材料生産者に感謝し、環境にも配慮できる店舗を目指しています。

しあわせのからあげキッチン:店長プロフィール
清水浩二(通称:コージメン)

1972年2月22日(猫の日)東京都青梅市生まれ。調理師免許所持。
奥多摩に近い御岳で自然に囲まれ、幼少期を過ごす。
家庭菜園の野菜で育ち、幼い頃から食に対する興味を抱く。

その後千葉県柏市で20年以上、手作りお弁当店で店長を務めながら、
独自のレシピで唐揚げを作り続け、地元の方々から長年愛される味を提供し続ける。

その味は、Jリーグチーム柏レイソルでかつて活躍した選手にも
「ここの唐揚げ最強!」と太鼓判をもらうまでに。

2013年頃から千葉県柏市内で営業していたコミュニティカフェの「1日店長」枠を利用し、
自身のイベント「カラアゲナイト」を不定期開催。
わずか4時間で鶏肉24キロ分(約600個)の唐揚げを完売する記録を打ち出す。

その後、都内を中心に数々の飲食店で修行を積みながら、店舗運営や発酵食品などを学び、
2020年7月に自家製糀(こうじ)と国産材料を使った唐揚げ専門店
「しあわせのからあげキッチン」を千葉県松戸市、本土寺の参道入口にオープン。

Vision
「人を良くすると書いて、食」の信念を持ち、 良い食事で人生を豊かにする社会を作ること

Mission
「良い食」を通じて地域に貢献し、家庭の食卓を助けお客様の幸せを増やす。
一緒に働くスタッフも幸せを感じる店舗にし、飲食業界を盛り上げる。

Value
「しあわせを感じる食事」、「健康」、「笑顔」、「感謝」、「楽しく働く」

Favorite things
お酒、猫、アニメ、ガンダム(自他共に認める生粋のガンオタ)
野球、サッカー、ラグビーなどスポーツ全般の観戦。

Hobby
美味しいお店で日本酒を飲みながらゆっくり食事を取る。
電車旅など。

Family
猫2匹とグラフィックデザイナーの嫁

PAGE TOP